個人塾の長所と短所

「地元の評判の塾にいっているのに成績が伸びない」
「近くで評判の個人塾に入れたいけど、うちの子にあっているのかな?」
「地元の塾と進学塾の違いって何?」
「進学塾では合わなかったけど、個人の塾は学校のペースに合わせてくれるって聞いたし、成績伸びるかな?」

地域密着型の個人塾の長所と短所をココでは説明していきます。
地域の個人塾ならではのサービスをしてくれたり、地域の個人塾だからこそ出来る事もあります。

ただ、地域の塾でも、進学塾でも子供の現在の段階、今後の目標に合わせた塾選びが必要不可欠になります。

個人塾の中でも、進学塾タイプなのか。個別指導のタイプなのか。
それをしっかり確認して下さい。
お母さんが求めているもの。子供が求めているもの。
それは、志望校だったり、テストの点数で何点でもいいと思います。

塾に行く目的をしっかり確認して、お互いの意見を合わせて塾や家庭教師を探す様にして下さいね。

個人塾の長所

9d463ff31eaf7c31fa846d32bd1c0729_s

個人塾の良い所についてご紹介しようと思っています。
地域に密着している個人塾と言う事は、知り合いの方が通っていたり、
生徒さんのお兄さん、従妹、など親族も通っていたり、
中にはお母さん自身が通っていたというケースもよく聞きます。

この下記にある様な所を一番塾に求めている方は地域密着の個人塾がオススメです。

地域密着型の個人塾の長所
その1:地元に密着しているので、評判がわかりやすい
その2:料金が進学塾に比べて安いところが多い
その3:個人でしているので講師が途中で変わる事が少ない
その4:地元の受験やテストの情報に詳しい

地域密着型の個人塾に関してはその中でも色々な種類に分かれます。

どの塾でもそうですが、必ず親御さんがしっかりどんな風に勉強をしているか。
こどもに本当に合っているかを確認して通う様にして下さい。

進学塾の長所と短所
個別指導塾の長所と短所

 

個人塾の短所

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s「地元で評判の個人塾にいってるけど、成績伸びない。」
「個人の塾じゃなくて大きい塾の方がいいのかな?」
「成績が伸びないのは塾のせい?」
「個人塾の勉強が子供にあってないのかな?」

塾で伸びてないのは塾のせい。子供のせい。
成績が伸びない。成果が出ない。

それは塾のせいでも子供のせいでもなく
子供に合っていないだけです。
地域密着型の個人塾の短所といわれる
部分を紹介してみます。

地域密着型の個人塾の短所
その1: 解らない子のレベルに合わせないので、一度解らなくなるとついていけなくなる
その2:自分から質問出来ない生徒は解らないままになる
その3:個人塾は講師の数が少ないので、決まった曜日になりやすい。
その4:講師の先生が合わなかった場合、変更する事が出来ない。
その5:質問したくても先生がいない日などが多くある。

この中で当てはまる方いらっしゃいますか??

もちろん地域密着の個人塾でもこの短所が当てはまらないタイプの塾もあると思います。
また、これ以外の短所だったり、何か工夫を加えて長所にしてしまっている
所もあると思います。

Menu Title