個別塾の長所と短所

「うちの子には個別が合うのかな?集団が合うのかな?」
「集団塾で合わなかったから子別にしたらいいのかな?」
「個別指導でも色々あるけど、どの塾が合うのかな?」
「3対1で成績が伸びなかったんだけど、1対1にしたらかわるかな?」

個別指導の塾にも色々な種類があり、それぞれの要素があります。

全ての生徒が個別指導の塾が一番あっているかというともちろんそんな事は
ありません。

お子さんの勉強の段階。目指す目標に合わせて塾を選ばないといけません。
ココでは、個別指導塾を選ぶ際に参考になる様に、塾の長所と短所を
述べていきたいと思います。

個別指導塾の長所

その1:1対1の指導なので、子供のレベルに合わせた指導が出来る。
その2:1対1なので、先生の目も行き届く
その3:学校よりも先に進む事も出来るので、学校が復習になる。
その4:塾の問題集で色々なパターンの問題が解ける
その5:模擬テストなどで順位が付くので、学校以外の所でも競争心が生まれる

集団塾と違って、1対1なので、子供一人一人の状況に合わせた指導が出来ます。
だから、塾の問題集をしっかり解いて、先生に質問が出来る生徒。
家でしっかり宿題を解いたり、自分で予習をしている生徒はグングン成績が伸びます。
学校と違った問題集で色々な問題のパターンを解くので、受験問題の勉強も
低い学年から出来ます。

個別指導塾の短所

YUKI86_odoroitahyoujyou15112844-thumb-1000xauto-18964「個別指導塾にいっているけど、成績が伸びない。」
「学習塾を探しているけど、個別と集団どっちがいいのかな?」
「成績が上がらないのは、個別指導の塾があってないから?」

もう既に塾に通っていますか?
それはどんな形態の塾ですか?
個別指導ですか?
成績は上がっていますか?

このページは個別指導塾の短所について紹介します。
集団塾、家庭教師、通信教育。それぞれ長所と短所を持ち合わせています。
どの塾を選ぶ時も子供の段階や状況にあった塾を選んで下さい。
このページをみて、個別指導塾を選ぶ参考にして下さい。

個別指導塾の短所

その1:個別指導といっても、2対1や3対1であればずっと子供を見れない。
その2:1人の生徒を見ている時に他の何人かの生徒は自分で問題を解くしかない。
その3: ブース形式の個別指導であれば自分が聞きたい時に質問出来ないケースも多い。
その4:基本的に塾の教材で勉強をする事が多いので、それ以外の質問がしにくい。
その5:予習や宿題をしていない子は授業中に問題を解くだけになっている。

この短所が全ての個別指導塾に当てはまる事はないと思います。
塾それぞれの工夫であったり、コンセプトがあると思います。
それをしっかり理解してお子さんに最適な塾選びをしましょう。

Menu Title